スマホで健診申し込み 大和市が情報提供サービス開始|カナロコ|神奈川新聞ニュース

スマホで健診申し込み 大和市が情報提供サービス開始

端末に表示された健診・検診の案内画面

 大和市は21日、パソコンやスマートフォンなどの端末で健診の案内から申し込み、勧奨などを包括的に行える情報提供サービス「らくらく健診」を始めた。健康都市の実現を掲げる市の施策の一環。

 例えば、がんは早期発見・治療が有効とされるが、胃や大腸などのがん検診の市内受診率は20%前後で横ばい状態が続く。同サービスの導入により、身近な端末で申し込みなどが簡単にでき、受診率の向上が期待できるという。

 対象は、市内在住の18歳以上で、利用者登録(ハンドルネームでも可)が必要になる。生年月日や性別、加入する健康保険を入力しておくと、市が定期的に実施しているがん検診、特定健診、女性健診の案内メールが届く。

 個人用の健康記録機能もある。体重や血圧、1日の歩数を入力してグラフで表示して自己管理に役立てる。市内の協力医療機関の健診項目や最寄り駅も検索できる。

 2月4日からは喫煙や飲酒、運動など生活習慣に関する12~14の設問に答えながら、病気のリスクを簡易的に自己チェックできる機能も加わる。

PR