地域活動にスマホを活用、参加者募集 横浜、2月から3回|カナロコ|神奈川新聞ニュース

地域活動にスマホを活用、参加者募集 横浜、2月から3回

「港北つなぎ塾」

 インターネットの会員制交流サイト(SNS)などを使ってスマートフォン(スマホ)への情報発信を行い、地域活動を発展・継続させる方法を学ぶ「港北つなぎ塾」が2月9日から、港北区役所で全3回の日程で行われる。主催の地域インターネット新聞社(横浜市西区)と区は受講者を募集している。

 「スマホから始める新たな『地域づくり』」をテーマに、2月9日はオリエンテーションと参加者交流など。23日はネットを利用した地域情報発信の事例報告をパネル討論形式で行う。3月2日は、ホームページ開設やSNS活用のワークショップを実施する。

 各回とも午前9時~正午。3月9日には、講座の成果を発表する「市民活動交流会」も開催の予定(参加は任意)。主催者は「ツイッターやフェイスブックなどで地域活動の拡大や会員募集を考えている人の受講を歓迎する」としている。

 対象は同区在住・在勤・在学者で、定員30人(先着)。申し込み・問い合わせは区地域力推進担当へ電話=045(540)2247=またはメール(ko-chikara@city.yokohama.jp)で。

PR