景気見通しマイナス 貿易摩擦や増税影響 川崎信金中小調査|カナロコ|神奈川新聞ニュース

景気見通しマイナス 貿易摩擦や増税影響 川崎信金中小調査

 川崎市内の中小企業経営者による2019年の景気見通しが2年ぶりにマイナスとなったことが、11日に発表された川崎信用金庫の調査で分かった。「良い」(24・2%)から「悪い」(34・1%)を差し引いた指数(DI)はマイナス9・9で、前年比13・5ポイント減と大幅に後退した。同信金は...

PR