ビアガーデン冬バージョン 「肉牡蠣小屋」オープン 川崎|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ビアガーデン冬バージョン 「肉牡蠣小屋」オープン 川崎

オープンした肉牡蠣小屋に早くも駆けつけたサラリーマンら

 冬の味覚、カキなどが堪能できる「肉牡蠣(かき)小屋」が15日、JR川崎駅前の川崎モアーズ屋上にオープンした。炭火で焼く殻付きカキや牛カルビ肉を囲みながらビールを楽しむサラリーマンらでにぎわっている。3月31日まで。

 牡蠣小屋は、夏にビアガーデンを開いている空きスペースを有効活用しようと2015年に始まった。「寒い冬にスタミナをつけてもらおう」と今回から食べ放題に肉も加えた。

 水揚げ後すぐに殺菌処理するなど衛生検査に合格したカキのみを用意。産地も「時期により一番味のいいところを選び、海洋深層水で洗浄した」といい、店側は新鮮さに太鼓判を押す。

 焼きガキ500グラムとフードバー(焼き肉、ラーメン、カレー、ライス、魚、デザートなど約20種)食べ放題の2時間セットで、1人2980円。カキ食べ放題はプラス2千円、飲み放題千円。平日は午後5~10時、土日・祝日は正午~午後10時。問い合わせは、同店電話044(211)9557。

PR