ブラジルの事前キャンプ地、相模原市へ 8競技が3施設に|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ブラジルの事前キャンプ地、相模原市へ 8競技が3施設に

協定を交わすブラジルオリンピック委員会のポルタ副会長(左)と加山市長=相模原市役所

 相模原市とブラジルオリンピック委員会は17日、2020年東京五輪の事前キャンプについての協定を結んだ。両者は17年6月に覚書を交わしており、8競技のブラジル代表チームが同市内の3施設などを使って事前キャンプを実施することが正式に決まった。

 ブラジルオリンピック委員会のマルコ・アントニオ・ラ・ポルタ副会長が相模原市役所を訪れ、加山俊夫市長と協定書を交わした。ポルタ副会長は「市内の施設は使いやすく、皆さんのおもてなしに感謝している」と述べ、加山市長は「選手の皆さんがオリンピックで輝いてもらえるよう協力したい」と語った。

 事前キャンプをするのは、競泳、アーティスティックスイミング、飛び込み、バレーボール女子、バドミントン、フェンシング、サッカー女子、カヌースプリントの代表チーム。市は、さがみはらグリーンプール(市立総合水泳場、中央区)、市立総合体育館(南区)、相模原ギオンスタジアム(相模原麻溝公園競技場、同)の市立3施設を無償提供する。

PR