卓球、森薗・伊藤組が2連覇 全日本選手権第4日|カナロコ|神奈川新聞ニュース

卓球、森薗・伊藤組が2連覇 全日本選手権第4日

 混合ダブルスで優勝した森薗(左)、伊藤組=丸善インテックアリーナ大阪

 卓球の全日本選手権第4日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、混合ダブルスは決勝で森薗政崇、伊藤美誠組が張本智和、長崎美柚組を3―1で下し、2連覇を飾った。

 シングルスの男子は前回優勝の張本、水谷隼、女子では2連覇を目指す伊藤、石川佳純、平野美宇が初戦の4回戦で勝った。

 ダブルスの男子は水谷、大島祐哉組、女子では早田ひな、伊藤組と石川、平野組が初戦の4回戦を突破した。

 ジュニアの部のシングルスで男子は戸上隼輔(山口・野田学園高)、女子は出沢杏佳(茨城・大成女高)がそれぞれ初優勝した。

PR