「被害踏まえ判断を」 原発避難訴訟原告団、横浜地裁に署名|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「被害踏まえ判断を」 原発避難訴訟原告団、横浜地裁に署名

横浜地裁

 東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から神奈川県に避難してきた住民60世帯175人が、国と東電に総額約53億9千万円の損害賠償を求めた訴訟で、原告団は10日、事故の被害実態を踏まえた判断を求める署名を横浜地裁に提出した。判決は2月20日に言い渡される予定。

 署名の提出は昨年10月に続き2回目。昨年7月の結審以降、原告団が街頭や主催するイベントなどで集めたもので、前回提出分を合わせると2万8058人に達した。原告団は判決まで活動を続ける方針。

 原告団の村田弘団長(76)は「多くの方から署名という形で応援してもらっている。裁判所にはこれまでにないわれわれに寄り添った判決を求めたい」と訴えた。

 同種の集団訴訟は全国で約30件争われており、これまで出た7件の一審判決全てで東電の責任を認めて賠償を命じた。国が被告になっている5件のうち4件で国の責任も認定しているが、賠償額が請求額に比べて低く抑えられる傾向になっている。

PR