バスケBリーグ、日本代表の篠山主将語る 「脱」でさらなる飛躍|カナロコ|神奈川新聞ニュース

バスケBリーグ、日本代表の篠山主将語る 「脱」でさらなる飛躍

川崎から東京五輪へ ▼▼4

 正月三が日も終わりましたが、皆さん正月太りや体調はいかがでしょうか?

 2019年はバスケットボール界にとってすごく大事な1年。川崎からBリーグを盛り上げたい。今年こそ、必ず優勝したいと思っている。

 新しい1年の目標を漢字1文字で表現すると、脱力の「脱」ですね。もっと、ぐにゃぐにゃしたい。相手をすり抜けていくような無駄な力を抜いたプレーがしたいし、30歳にもなったので、体の使い方ももっと上手になりたい。

 もちろん、脱「無冠」という意味もある。10日から再開する天皇杯も勝ち抜きたい。Bリーグと天皇杯は2大タイトルというイメージ。10日の準々決勝では連覇中の千葉ジェッツといきなりぶつかるが、どこかで倒さないといけない相手。初戦からいい緊張感で入れるし、勝てば勢いも出るはず。最初から思い切って戦いたい。...

PR