工事の安全「手斧始式」で祈願 鶴岡八幡宮で建築業者ら|カナロコ|神奈川新聞ニュース

工事の安全「手斧始式」で祈願 鶴岡八幡宮で建築業者ら

工事の安全を祈願する恒例の「手斧始式」 =鶴岡八幡宮

 新しい年の工事の安全などを建築業者らが祈願する神事「手斧始(ちょうなはじめ)式」が4日、鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)で執り行われた。

 とび職人らが木(き)遣(や)り唄を歌いながら、長さ約3・88メートル、28センチ角の神木を二ノ鳥居から段(だん)葛(かずら)を通って舞殿前に運んだ。伝統的な装束を身にまとった業者らが古式にのっとり、手斧やのこぎりを振るった。

 神事の起源は1181年、源頼朝が八幡宮を造営する際に執り行われた儀式に由来する。1949年に再興されて以降、市内業者らの工事始め式として毎年受け継がれている。

 工事の安全や、建物が永遠に栄えるよう祈る伝統の神事を、多くの参拝客らが見守った。