「気持ちを見たい」求むルーキーの奮起 ラミレス監督|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「気持ちを見たい」求むルーキーの奮起 ラミレス監督

休暇から帰国するラミレス監督=昨年12月31日、羽田空港

休暇から帰国するラミレス監督=昨年12月31日、羽田空港

 ベイスターズのラミレス監督が長期政権を託された覚悟を口にした。球団史上4人目となる監督就任4年目に「結果を残さないといけない」と21年ぶりのリーグ優勝、日本一を見据え、合同自主トレを直前に控えた新人たちに「即戦力の働き」を求めた。

 昨年の大みそか。3週間のバカンスから帰国した指揮官は就任当初を振り返った。「最下位のチームを指揮して、ここまで続けるとは考えていなかった。当初は勝たないとすぐに退任しなければならないと思っていた。自分自身もまだ成長する余地がある」。一昨年まで2年連続のポストシーズン進出を果たした実績を買われ、4年目を迎える。

 プロの世界は結果が全て。初心に帰り、厳しい言葉で鼓舞した相手はルーキーたちだ。「新人のファイティングスピリットが見たい。そういうものがないと、ずっと2軍のまま終わることもありうる」。...

PR