菅氏に聞く19年展望  「皇位継承万全」「憲法改正、国民議論を」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

菅氏に聞く19年展望  「皇位継承万全」「憲法改正、国民議論を」

来年の展望を語る菅官房長官=東京都内

来年の展望を語る菅官房長官=東京都内

 皇位継承や参院選、ラグビーワールドカップ(W杯)など重要日程がめじろ押しの2019年。菅義偉官房長官(衆院2区)は神奈川新聞社のインタビューで「極めて重要な年。日本の立場や存在感を世界に発信していく」と述べ、緊張感を持って政権運営に当たる意向を示した。県内の政治情勢では、黒岩県政の継続に期待を寄せた。

 -来年の展望は。

 「歴史の大きな節目の年。皇位継承が行われ、平成から次の時代を迎える。国民が祝福する中、天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位がつつがなく行われるよう、万全を期す」

 -憲法改正を目指すか。

 「憲法改正は自民党の党是だ。施行後70年以上が経過し、時代も変わった。総理には自民党の総裁として、改正議論を深めたいとの強い思いがある。まず衆参両院の憲法審査会でしっかり議論し、国民議論を広げていくことが大事だ」

 -世論には改憲の必要性を疑問視する声もある。

 「私学助成の禁止など、時代にそぐわないものもある。具体的な改正案が示され、国民的な議論が深められることが大切だ」

 -参院選の戦略は。

 「安倍政権発足から7年目に入り、一貫して経済再生、外交・安全保障の再構築に全力で取り組んできた。全世代型の社会保障制度の確立も目指している。国民の声に謙虚に耳を傾け、約束したことを一つ一つ実行に移していきたい」

 -衆参ダブル選は。

 「衆院解散は総理の専権事項で、発言は控えたい。しかし、...

この記事が読めるプランは次の通りです。
カナロコ プレミアム 、カナロコプラス

PR