〈時代の正体〉「差別発言」元市議ら提訴へ ネット議事録削除求め|カナロコ|神奈川新聞ニュース

〈時代の正体〉「差別発言」元市議ら提訴へ ネット議事録削除求め

鎌倉市で在日2世

【時代の正体取材班=石橋 学】鎌倉市議会で人種差別的な発言を市議がした上、インターネット上の議事録で発言が公開され続けているとして、自治労県本部職員で在日コリアン2世の男性(57)=川崎市川崎区=が21日、発言者の元市議と市に対し慰謝料や議事録からの削除を求める訴訟を横浜地裁に起こすことが分かった。20日に代理人弁護士が明らかにした。

 発言者は、2013年5月から1期4年間、鎌倉市議を務めた上畠寛弘氏。17年10月からは神戸市議を務めている。

 訴状によると、男性は13年、市社会福祉協議会の不当労働行為を巡って自治労傘下労組の団交に参加した。上畠氏は14年3月から17年3月までの間、本会議や委員会で組合批判を行う中で、男性の名刺の裏に国会議員の名前が印刷されていることに「代紋をちらつかせたやくざと変わらない行為」と言及した。さらに男性の実名を挙げながら「日本の情勢に懸念を及ぼしかねないと思慮される行動で、朝鮮学校に対する補助金運動に携わっている」「出身が出身なだけに本当に怖い」などとも発言した。

 男性側は、一連の発言が人種差別に当たり、人格権が侵害されていると主張。議事録への掲載も「ネットで拡散され恐怖を覚えている」とし、精神的な苦痛を受けたとしている。

 代理人の西川治弁護士は「民族名を何度も示した上で暴力的存在と結びつけたヘイトスピーチ。言論の自由がとりわけ保障されている議会を差別に悪用するもので断じて許されない」と話した。上畠氏はフェイスブックやツイッターで「一般的な日本人の名前ではない」「ヤクザもしないような代紋紛(まが)いの恐ろしい行為」などと投稿し、男性の名刺の画像も公開。訴訟で男性は上畠氏にも投稿の削除と謝罪文の掲載を求める。...

PR