【変わる“ラミ流”】二塁手にこだわり ドラ2伊藤裕が攻守アピール|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【変わる“ラミ流”】二塁手にこだわり ドラ2伊藤裕が攻守アピール

 ベイスターズにドラフト2位で入団した立正大の伊藤裕季也内野手(22)が19日、プロの世界でも二塁手で勝負する意気込みを示した。ラミレス監督は来季構想でソトを積極起用したい考えを明かしているが、大学屈指の大型スラッガーは「気持ちは前から変わっていない」と攻守に開幕スタメンを猛アピールするつもりだ。

 同日に東京都内で行われた大学の優勝祝賀会。伊藤裕は元楽天監督・野村克也氏の来賓あいさつに神妙な面持ちで耳を傾け、「ごまかしの利かない世界に入るのは覚悟している」とプロ入りへ気持ちを新たにした。

 東都リーグと明治神宮大会優勝を経験した最終学年は二塁手に定着。ベイスターズにとっては泣きどころとも言えるポジションだ。今季は計8人が起用されたが、最多出場は倉本の48試合。シーズンを通して固定できず、ラミレス監督は急造ながら7月から22試合守ったソトに来季も任せたい考えだ。
...

この記事が読めるプランは次の通りです。
カナロコ プレミアム 、カナロコプラス 、スポーツプラン 、バリュープラン

PR