はれのひ元社長に実刑 融資詐欺に地裁判決「一線越えた」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

はれのひ元社長に実刑 融資詐欺に地裁判決「一線越えた」

成人の日、晴れ着トラブル

横浜地裁

 成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市中区、破産)の銀行融資詐欺事件で、売上高を粉飾した財務書類を示して二つの銀行から融資金をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた同社元社長篠崎洋一郎被告(56)の判決公判が19日、横浜地裁であった。渡辺英敬裁判長は「企業の経営者として守るべき一線を大きく踏み越えた」として、懲役2年6月(求刑懲役5年)を言い渡した。

【はれのひ判決】「独善的で甘い経営判断」…被告うなずく

 渡辺裁判長は判決理由で、「独善的で甘い見通しに基づいた経営判断から財務状況の逼迫(ひっぱく)を招いた」と指摘。「会社を存続させたいがために、経理担当者らに虚偽の決算報告書を作成させた」と非難した上で、「被告の刑事責任を軽く見ることはできず、被害額に照らし、実刑が相当」とした。

 一方で、詐取金が会社の経費に充てられ、着服などがなかったことや反省を深めている点を考慮し、「刑期については懲役2年6月程度にとどめるのが相当と判断した」と述べた。

 判決によると、被告は2016年8月から9月にかけて、虚偽の決算報告書を示して同社の経営状態を良好に見せかけて、横浜銀行と東日本銀行から計約6500万円の融資金をだまし取った。

 同社は今年1月の成人の日を前に、突然店舗を閉鎖。神奈川県や東京都などで晴れ着を着られない新成人が相次ぐトラブルが発生した。新成人ら顧客の損失についての立件は見送られている。

 破産管財人によると、同社の負債総額は約10億8500万円で、うち新成人ら顧客の被害は約3億4千万円に上る。

PR