新素材活用で脱プラスチック 県、企業と連携し実証事業|カナロコ|神奈川新聞ニュース

新素材活用で脱プラスチック 県、企業と連携し実証事業

共同会見で脱プラスチックの実現へ意欲を語る黒岩知事(右)と山崎CEO(右から2人目)=県庁

 脱プラスチックへ連携-。国連が掲げる「持続可能な開発目標」(SDGs)の実現に向け、神奈川県は17日、プラスチックの代替素材を開発した企業と連携した実証事業を県内でスタートさせると発表した。本年度内にも自治体や企業などが参加する共同事業体を発足させ、黒岩祐治知事が打ち出した「プラごみゼロ宣言」の達成を目指す。

 県が連携するのは、石灰石を主原料として水や木材パルプを使用しない紙やプラスチックの代替品「LIMEX」(ライメックス)を開発したTBM(東京都)。この新素材は、リサイクルより付加価値が高い製品に循環するシステム「アップサイクル」のモデルとして関心を集めている。

 県は同循環システムがSDGsの理念に合致すると判断。県や鎌倉市をはじめ、崎陽軒、リコージャパン、横浜青年会議所などと共同事業体を設立し、神奈川を実証事業のステージとして取り組みを進めるとしている。

 17日に県庁で開いた共同会見で、知事は「一緒に進める事業はSDGsの理念を広げていくために本当に有効」と説明。TBMの山崎敦義CEOは「神奈川独自の循環型まちづくりモデルとして世界へ発信していきたい」と語った。

PR