貧困の性的少数者に生活支援 取り残される人ゼロに|カナロコ|神奈川新聞ニュース

貧困の性的少数者に生活支援 取り残される人ゼロに

専用個室で足場づくり「考える会」

 LGBTなど性的少数者が貧困から抜け出すための足場をつくろうと、支援団体などが動きだしている。東京都内に一時的な住まいとなる専用の個室シェルターを開設、そこを拠点に生活保護などの支援に結び付けるのが狙いだ。特に男性向けシェルターは数が少ない上に相部屋が多く、同性愛者らにとっては避難自体が苦痛を伴うケースが多い。それだけに、関係者や当事者は「困難を抱える人が取り残されてはならない」と、同じような施設の整備の必要性を訴えている。

 家族や周囲の無理解、パートナーからの暴力、差別や偏見による精神的な不安といった要因から性的少数者が居場所を失い、生活困窮に陥るケースは少なくない。こうした人たちをサポートしようと、この春に立ち上がったのが「LGBTハウジングファーストを考える会・東京」だ。
...

PR