26市町で32種目 県がねんりんピック基本構想案を公表|カナロコ|神奈川新聞ニュース

26市町で32種目 県がねんりんピック基本構想案を公表

神奈川県庁

 県は12日、2021年に県内で初開催する第34回全国健康福祉祭「ねんりんピック」の基本構想案を公表した。11月6日から4日間にわたり、26市町で32種目を実施。大会史上初めて取り入れたサブテーマに「未病改善でスマイル100歳」を掲げ、全国から約60万人の来場を見込む。

 ねんりんピックは、60歳以上の男女がスポーツや文化行事を通じて交流する健康と福祉の祭典で毎年開催。県と横浜、川崎、相模原市などが主催する21年大会は、19年ラグビーワールドカップ(W杯)や20年東京五輪・パラリンピックで高まるスポーツへの関心を高齢者スポーツ・文化の振興につなげるとしている。

 開会式は11月6日に日産スタジアム(横浜市港北区)、閉会式は同9日に横須賀芸術劇場(横須賀市)で実施。期間中はスポーツや文化種目を通じて未病改善や共生社会への理解を広げ、市町村と連携して神奈川の魅力を発信する。

 開催種目は、テニスやソフトボールといった必須の「スポーツ交流大会」(10種目)のほか、開催自治体が独自で選ぶ「ふれあいスポーツ交流大会」(18種目)でサーフィンとスポーツチャンバラを初めて実施。体験種目ではセーリングやスポーツクライミングなども取り入れた。

 基本構想は、年明けにも開く実行委員会で正式決定するという。

PR