歌好き市民が大熱唱 健康増進へ「やまとde紅白歌合戦」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

歌好き市民が大熱唱 健康増進へ「やまとde紅白歌合戦」

市民参加型の歌合戦(大和市提供)

 歌が大好きな市民らが参加する「やまとde紅白歌合戦」が2日、大和市文化創造拠点シリウス(同市大和南)のメインホールで開かれた。

 歌合戦は、市民が紅組(女性)と白組(男性)に分かれて流行歌を披露し合うイベント。歌を通じたユニークな健康増進の取り組みとして、市が2017年度から始めた。

 2回目となる今回は109組の応募から選ばれた24組と、8月に初めて開催した「やまとdeのど自慢」の受賞者4組の計28組が参加した。

 参加者は得意の演歌や歌謡曲などを熱唱。客席からは声援や拍手が送られた。最後に観覧者が挙げたうちわの色で勝敗を判定、白組の勝利に会場は大きな歓声に包まれた。

PR