川崎のJR南武線踏切、男性2人はねられ死亡|カナロコ|神奈川新聞ニュース

川崎のJR南武線踏切、男性2人はねられ死亡

 6日午後9時半ごろ、川崎市多摩区菅稲田堤のJR南武線稲田堤-矢野口間の観光道踏切(警報機、遮断機付き)で、30代とみられる男性2人が立川発川崎行き上り普通電車にはねられた。2人は搬送先の病院で死亡が確認された。多摩署が事故原因や2人の身元を調べている。

 JR東日本横浜支社によると、上下線12本が区間運休し、4本が最大約1時間遅れ、乗客約8500人に影響した。

PR