昇格逃しは「ドーハ並み衝撃」 カズ今季総括も現役に意欲|カナロコ|神奈川新聞ニュース

昇格逃しは「ドーハ並み衝撃」 カズ今季総括も現役に意欲

ファンサービスに応じる横浜FC・三浦=横浜市保土ケ谷区のLEOCトレーニングセンター

 J2横浜FCは5日、横浜市保土ケ谷区のLEOCトレーニングセンターで今季最後のミーティングを行い、12年ぶりのJ1昇格にあと一歩届かなかったシーズンを総括した。リーグ最年長の51歳三浦は「(1993年の)ドーハの悲劇と同じくらいショッキングだが、前を向いて突き進むしかない」と来季を見据えた。

 チームは今季、J2に降格した2008年以降で最高の3位と大きく躍進。だが、2日に行われた東京VとのJ1参入プレーオフ2回戦で惜敗し、クラブ創設20周年の節目を飾れなかった。

 来季の現役続行に意欲を示している三浦は笑顔でファンサービスに応じ、「先発で試合に出ることが目標。オフシーズンはいつも通りにコンディションを整えたい」と語った。主将佐藤は「来季は一瞬一瞬であの敗戦が脳裏に浮かぶはず。もう一回大きくなっていくしかない」と出直しを誓った。 

DF新井ら更新せず


 J2横浜FCは5日、DF新井純平(24)、MF石井圭太(23)、DF西河翔吾(35)=J2栃木に期限付き移籍中=の3選手と来季の契約を更新しないと発表した。

PR