クレーン車にはねられ女性死亡 横須賀の国道|カナロコ|神奈川新聞ニュース

クレーン車にはねられ女性死亡 横須賀の国道

事件簿 交通事故

 4日午後5時半ごろ、横須賀市太田和2丁目の国道134号で、横断歩道を徒歩で渡っていた同市林3丁目、無職の女性(81)が、左折してきたクレーン車にはねられて死亡した。

 横須賀署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、クレーン車を運転していた同市衣笠栄町4丁目、会社員の男(45)を現行犯逮捕。容疑を同致死に切り替えて調べている。署によると、同容疑者は「左後方のオートバイに気がいって、歩行者にまで注意が行き届かなかった」と供述、容疑を認めている。

 署によると、現場は信号機がある丁字路交差点。

PR