警報「伝え方」改善へ 気象庁、有識者と検討|カナロコ|神奈川新聞ニュース

警報「伝え方」改善へ 気象庁、有識者と検討

 死者・行方不明者が230人を超え「平成最悪」となった西日本豪雨を受け、気象庁が防災気象情報の改善に動きだした。事前の記者会見で大雨特別警報の可能性に言及するなど注意喚起を強め、市町村の避難勧告なども...

PR