憲法審査会開催巡り神経戦 神奈川県内議員|カナロコ|神奈川新聞ニュース

憲法審査会開催巡り神経戦 神奈川県内議員

「野党の職場放棄だ」
「与党は環境つくれ」


 憲法審査会の開催を巡り、与野党が神経戦を繰り広げている。最短で来夏の参院選前の国会発議を想定する自民党は、今国会で党の改憲4項目を提示したい考えだが、安倍政権下での改憲に反対する野党は反発。国会の会期末が迫り、開催は困難との見方が強まる中、県内議員もけん制を強めている。

 「安倍内閣のうちは憲法改正の議論はしないというのは、怠慢と言わないで何というのか」。21日夜、自民の義家弘介副幹事長(衆院16区)が自身のパーティーでこう語気を強めると、会場からは「そうだ」と同調する声が上がった。...

この記事が読めるプランは次の通りです。
カナロコ プレミアム 、カナロコプラス

PR