県中学・高校新聞コンクール表彰 向上高校17年連続栄冠|カナロコ|神奈川新聞ニュース

県中学・高校新聞コンクール表彰 向上高校17年連続栄冠

表彰状を受け取る、最優秀賞の向上高校新聞委員会の生徒=日本新聞博物館

 第68回県中学校・高等学校新聞コンクール(神奈川新聞社、同コンクールの会主催)の表彰式が22日、横浜市中区の日本新聞博物館で行われた。受賞校の生徒や教諭ら約100人が出席し、各校の代表生徒に賞状や盾などが贈られた。

 同コンクールの会の富樫由里子会長が「どの新聞も作り手の思いが込められていた。学校新聞の文化を広めていきたい」とあいさつした。

 表彰式では、17年連続で最優秀賞を受賞した向上高校新聞委員会委員長の岩崎佐耶さんが「協力して新聞作りを行う大切さを後輩に伝えていきたい」と抱負を述べた。また、横浜市立保土ケ谷中学校新聞部部長の大木空さんは「いつもよりページが多く部員に負担をかけたが、受賞できてよかった」と喜びを語った。川崎市立白鳥中学校2年4組広報委員会の林舞子さんは「継続して発行していくことを心掛けた。レイアウトなど読む人を引きつける工夫をした」とうれしそうだった。

 入賞作品は同博物館1階で30日まで展示される。

PR