〈時代の正体〉ヘイト集会「不許可を」 市民団体が要望|カナロコ|神奈川新聞ニュース

〈時代の正体〉ヘイト集会「不許可を」 市民団体が要望

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/11/20 18:30 更新:2018/11/20 18:41
川崎市への要請を行い記者会見する市民ネットワークのメンバー=市役所

川崎市への要請を行い記者会見する市民ネットワークのメンバー=市役所

【時代の正体取材班=石橋 学】在日コリアンを標的にヘイトスピーチを繰り返す差別主義者らが川崎市教育文化会館で集会を計画している問題で、市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は19日、市に対して会館の使用を不許可にするよう要請した。福田紀彦市長は市の対応について同日の定例会見で「不適切な発言や混乱が起きないよう策を講じる」と話した。

 12月2日に集会を開くとして会館の使用申請をしているのは、極右政治団体・日本第一党の瀬戸弘幸氏らが立ち上げた団体。要請書では、瀬戸氏らが主催したデモや集会でヘイトスピーチが繰り返されてきたことから「差別の助長と扇動が行われることは容易に想像できる」と指摘。公的施設での差別的言動を防ぐガイドラインに照らして使用不許可の判断をし、「市民の安全と尊厳を守る毅然(きぜん)とした態度」を示すよう求めている。...

PR