うまいもん甲子園で桐蔭学園が準V 神奈川の名産品で焼売|カナロコ|神奈川新聞ニュース

うまいもん甲子園で桐蔭学園が準V 神奈川の名産品で焼売

見た目も鮮やかな神奈川の幸凝縮焼売(桐蔭学園高提供)

 ご当地食材を生かした地元の看板メニューを開発し、調理とプレゼンテーションで順位を競う「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」で桐蔭学園高校(横浜市青葉区)のチームが準優勝を果たした。全国から100校・352チームが応募。同チームは県内の多彩な名産品をふんだんに用い、特に横浜市内の小松菜を生かした「神奈川の幸凝縮焼売(シューマイ)」で勝負に挑んで高評価を得た。

 参加したのは同校1年の生徒3人。

 メニューの焼売は、三崎のマグロをみそで炒めた餡(あん)を、ゆでた小松菜で巻き、みじん切りにした小松菜を混ぜ込んだ生地で包んでいる。三浦の大根を使用した大根おろしと相模湾のシラス、湘南産のミカンをアクセントとして乗せている。3人のうち、1人の祖父が横浜市青葉区で小松菜を栽培していることから、他の名産品に隠れがちな小松菜をPRしたいと、考案されたメニューだ。

 生徒の1人は「決勝戦の前にプロの料理人からアドバイスを得る機会があり、どんどん料理がおいしくなるのが実感できたのが楽しかった」と振り返る。

 今月2日に東京都内で開かれた8チームが対戦する決勝大会では、1カ月ほど前から積み重ねた週3、4回の練習の成果を発揮し、力を出し切れたという。料理に対しては「ごはんによく合う。小松菜が上手にPRできている」と好評だったという。

 別の生徒は「普段は会えない他校の人たちと交流できたのがいい機会になった」と笑顔。引率した教諭は「自ら学ぶことを経験でき、結果にもつながって良かった。他校や主催者、審査員らいろいろな人との出会いも収穫になったのでは」と話している。

 同大会は農林水産省などが主催している。

PR