日産・西川社長会見詳報(5)「執行体制を変えていく」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

日産・西川社長会見詳報(5)「執行体制を変えていく」

一礼する西川社長

<(4)から続く>
日産・西川社長会見詳報(4)「権力の座、長いと弊害も」

 -ゴーン容疑者は日産のブランド、顔として社会的に認識されている日産ブランドへのダメージは。販売への影響、3社アライアンスへの影響は。

 西川 販売への影響は客が決めること。私としてはイメージとして「ゴーン=日産」を重ねて見る人は多い。

 私たちができることは、日産ブランドそのものを客にご愛顧いただくこと。できる限りの努力をしていきたい。

 3社のアライアンスについては、パートナーシップそのものに対して影響する事案ではない。むしろこの状態で、取締役会でより緊密に話し合いをして、取締役会が決めるべきことは決めていく。アライアンスの責任を持っている人間は、CEOだったりCCOだったりする。それぞれの会社にリポートする。3社の責任者が集まってオペレーションを決めていくので、3社でやっていけると思っている。

 どういう議論をするか、当社は私がリードしていくが、ルノーについては、これからルノーの取締役会で体制が組まれると思うので、その中でできる体制を組んでいきたい。

 -ゴーン容疑者の高額報酬について、「優秀な人材採用するには必要だ」と説明してきたが、西川社長は正当だったと思っているか。

 西川 報酬について、私が具体的にコメントするのは適当ではない。日本全体で報酬について、総論として日本人だから低い、日本企業だから低い、欧米だから低いというのは是正されるべきだと私個人としては考えている。是正するかどうかはしかるべき機関が判断すること。コメントできない。伝統的な日本企業だからとか欧米企業だからとか、日本人は低い、欧米人が高いというのは、いろんな意見があると思うが是正されていくべきだろう。

 -権力の過度な集中は、大変革を成し遂げた故に経営陣が許してしまったのではないか。相互監視するという体制になぜできなかったのか。

 権力の集中について振り返ってみると、後付けでなんとでも言えるが、反省すべきところはあると見ている。それだけが原因ではないがそういうことが起きないように対処すべきだった。

 この19年間で十分できていたかというと反省すべきだったと思う。
 -ゴーン容疑者をコントロールしなければいけなかったのではないか。社長自身の責任としてはどう考えているか。

 西川 まずお話したかったのは、日産のファン、いろんな方、サポートしてくれた方、そういう方には本当に申し訳ないと思っているしおわびしなければいけないと思っている。

 私自らお話しすることで、今どんなふうに感じているかストレートに話したかった。私の責任、猛省すべきところもある。ただ、事態を沈静化、安定化させなければならない。一日も早く会社を正常な状態にするためにやることが山積している。そこを進めることが私の仕事。

 ガバナンス体制、執行体制についても変えるべきところは変えていく。次世代につないでいくという意味でさまざまなことをスピードを上げてやっていかなければいけない。

=終わり

PR