文教大生と3店舗が新商品開発 ラスカ平塚で販売へ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

文教大生と3店舗が新商品開発 ラスカ平塚で販売へ

11月16、17日

文教大生との協働で作ったパン

 JR平塚駅ビル「ラスカ平塚」1階の星の広場で16、17の両日、文教大の学生とテナント店舗が協働で開発した商品が販売される。

 同大健康栄養学部の5人と、鈴廣かまぼこ、プルミエサンジェルマン、おむすび畑の3店舗が参加。ヘルシーなかまぼこを使ってツナマヨピザなど5種類のパンを作ったほか、タンパク質を豊富に取り入れて彩りにもこだわった2種類のおむすびを商品化した。

 午前11時~午後7時(17日は午後5時まで)。期間中は会場に鈴廣かまぼこの「板わさを楽しむコーナー」も設置する。

PR