横浜の米軍施設、河野外相「返還へ不断に検討する」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜の米軍施設、河野外相「返還へ不断に検討する」

米軍根岸住宅地区のゲート=2014年撮影

 返還に向けた動きが表面化した米軍根岸住宅地区を含む横浜市内の米軍施設を巡り、河野太郎外相(衆院15区)は13日の衆院安全保障委員会で、「返還は日米地位協定で絶えず検討することになっている。自治体の要望や米軍のニーズ、運用に合わせて不断に検討したい」と述べた。立憲民主党の篠原豪氏(比例南関東)の質問に答えた。

 篠原氏は河野氏に対し、「検討ではなく、しっかり返還を求めてもらいたい」と要請。米軍施設の返還後の跡地利用についても取り上げ、旧小柴貯油施設や旧深谷通信所では建物の撤去などが市の財政負担になっているとして、負担軽減の配慮も求めた。

PR