「風疹予防を」自民・小泉厚労部会長、経団連に協力要望|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「風疹予防を」自民・小泉厚労部会長、経団連に協力要望

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/11/13 18:14 更新:2018/11/14 00:13
 首都圏を中心に流行している風疹を撲滅しようと、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長(衆院11区)は13日、都内で経団連の幹事会に出席し、感染防止の取り組みへの協力を求めた。

 患者には30代~50代の男性が多いことから、従業員らに予防接種の記録を確認するよう呼び掛けたり、風疹にかかった場合は休暇について配慮したりするよう要請。従業員らが抗体検査や予防接種を受けられるよう、休暇取得などの配慮も求めた。小泉氏は「それぞれの企業で、風疹の撲滅に取り組んでもらいたい」と述べた。

PR