暴行容疑で海自隊員を逮捕、横須賀 酒に酔った状態で来店|カナロコ|神奈川新聞ニュース

暴行容疑で海自隊員を逮捕、横須賀 酒に酔った状態で来店

 横須賀署は11日、暴行の疑いで、海上自衛隊横須賀基地対潜資料隊の3等海曹の男(26)=横須賀市西逸見町1丁目=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前4時35分ごろ、同市若松町3丁目のビル内で、飲食店店長の男性(46)の頭部を腕で締め上げた、としている。署によると、同容疑者は「暴力は振るっていない」などと供述、容疑を否認している。

 同容疑者はビル内にある飲食店に、酒に酔った状態で来店。店長から店を出るよう言われ、店外の階段で暴行したという。店長が取り押さえ、駆け付けた署員に引き渡した。

 対潜資料隊司令の落合健1等海佐は「服務指導を徹底させて同種事案の再発防止に努めたい」とコメントした。

PR