運転禁止表示せず清掃作業させる 死亡事故で書類送検|カナロコ|神奈川新聞ニュース

運転禁止表示せず清掃作業させる 死亡事故で書類送検

 川崎南労働基準監督署は9日、労働安全衛生法違反(運転禁止措置不履行)の疑いで、東京都町田市の建設会社と同社取締役の男性(45)、同社の現場リーダーの男性(41)を横浜地検川崎支部に書類送検した。

 書類送検容疑は、6月22日、川崎市幸区の工事現場で、セメントを混ぜるタンクの起動装置に錠を掛けず、運転禁止の表示板も取り付けないまま、男性作業員(59)にタンク内の清掃作業をさせた、としている。別の作業員が装置を起動させたため、タンク内にいた男性は回転翼に巻き込まれて首の骨などを折り、死亡した。

PR