バスケBリーグ、日本代表の篠山主将語る 日本代表永遠の憧れ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

バスケBリーグ、日本代表の篠山主将語る 日本代表永遠の憧れ

川崎から東京五輪へ ▼▼2

 3年目のバスケットボールBリーグが開幕して1カ月が経った。10月12、13日の滋賀とのホーム開幕シリーズでは連日4千人超の観客で、すごくうれしかった。天井からつるされている大型の4面ビジョンに座席やコート…、いろいろな部分に変化があって、体育館からアリーナへと劇的に変わった。集客面でもこれからが楽しみになる。

 ここまで10試合を終えて5勝5敗。日本代表の活動でチームを一時離れていたため、新戦力との融合の部分で苦しむ覚悟はあったが、オフェンスでここまで伸びないのは予想外。それでも、試合後のロッカールームや遠征先の食事会場では選手同士が自然とコミュニケーションを取って、誰の責任にするわけでもなかった。キャプテンとして仲間が頼もしいし、長期的なビジョンで捉えれば、チームはもっと良くなり強くなると確信している。...

PR