内縁女性の2歳児に暴行、大けが 体に多くのあざ、同居の男逮捕|カナロコ|神奈川新聞ニュース

内縁女性の2歳児に暴行、大けが 体に多くのあざ、同居の男逮捕

 内縁関係にある同居女性の2歳の長男に暴行し、大けがを負わせたとして、保土ケ谷署は5日、傷害の疑いで、横浜市保土ケ谷区新井町の土木作業員(33)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、9月上旬から10月3日までの間、自宅マンションで女性(25)の長男の頭を殴るなどし、急性硬膜下血腫など全治約6カ月のけがを負わせた、としている。長男の命に別条はないという。署によると、同容疑者は「時期は違うが、おおむね間違いない」と供述している。

 署によると、同4日に長男を診察した医療機関が市西部児童相談所に「虐待のおそれがある」と通報し、発覚した。長男の体には多くのあざなどが残り、署は日常的に暴行を加えていた疑いがあるとみて調べている。

 署によると、同容疑者は8月末から女性と長男と一緒に暮らし始めたが、「食べ方が汚い」「泣きやまない」などの理由で長男の頭や腹を殴るなどしていた。制止しようとした女性にも暴行を加えていたとして、署は10月15日に暴行容疑で同容疑者を逮捕、捜査を進めていた。

PR