心と心つなぐケア 足柄上病院が認知症患者と信頼築く技法導入|カナロコ|神奈川新聞ニュース

心と心つなぐケア 足柄上病院が認知症患者と信頼築く技法導入

患者と信頼関係を築き、笑顔で接する城所さん=県立足柄上病院

 言葉を交わすのが難しい相手でも意思疎通を図り、信頼関係を築くことはできるだろうか。共生社会にも通じる課題への挑戦が、県立足柄上病院(松田町)で始まっている。「ユマニチュード」という技法を取り入れ、コミュニケーションを取りにくくなった認知症患者と向き合う。理念や思いに新たな技術を加え、心を通わせた理想のケアを目指している。

 「こんにちは。気分はどうですか」。看護師の城所かよ子さん(30)は、ベッドの上で体を起こした男性患者の前でしゃがみ込み、両手に触れながら視線を合わせて会話を始めた。素っ気ない素振りにも笑顔で返す。

 認知症患者は、相手の言葉が理解できなくなったり、時間や場所が分からなくなったりすることによる不安や恐怖から、周辺症状として怒る、拒む、暴力を振るうといった反応をすることがあるという。城所さんも以前は、それに悩まされていた。声を掛けても「バカたれ」と反発される。顔をたたかれる。「正直、嫌だなと思うこともあった」と吐露する。

 しかし、現在は患者と信頼関係を築くことができた。それを可能にしたのがユマニチュード。ケアを受ける人とケアをする人の間に絆を結ぶことで、ケアを受ける人の人間性や尊厳を取り戻すという哲学に基づく。

 同病院は昨年1月から導入している。ケアする際に腕をつかむと恐怖心を与えることがあるといい、不安を与えないように背中などを優しく支え、正面から視線を合わせて話す。こうした丁寧な対応が、相手に安心感を与えるのだという。

 城所さんも患者の変化を目の当たりにした。「ありがとう」「お疲れさん」といった言葉を掛けてもらえるようになった。以前は拒んでいた食事を取るようになり、寝たきりの状態から車いすを利用するまでに回復した例もある。

 城所さんは「コミュニケーションが取れるようになり、患者さんを好きになれた」と効果を口にする。

PR