ぶらり♪:関内「その日暮らし」 刺身五点盛り|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ぶらり♪:関内「その日暮らし」 刺身五点盛り

刺身五点盛り

他の写真を見る
◆引き立つ鶏肉のうま味
 「その日仕入れた鶏肉を、その日に売り切る」-。関内に今年5月オープンした焼き鳥店のオーナー、佐々木賢二さん(37)が笑顔でコンセプトを話してくれた。

 メニューに並ぶ串焼き(1本162円から)や一品ものは、サラリーマンに優しい価格帯。そんな中、地元の老舗専門店から仕入れる新鮮な鶏肉を使った「刺身五点盛り」(1026円)が人気を集める。より安心して食べられるよう湯引きや低温調理など、ひと手間かけた刺し身5種(ささみ、ももタタキ、はつ、レバー、砂肝)は、生の食感を残しつつ、素材のうま味が引き出されており、口へ運ぶごとに満足感が広がる。

 キンミヤ焼酎をシャーベット状に凍らせた「シャリキン」のサワーを合わせれば、その日の疲れも帳消しだ。 

横浜市中区常盤町2の15、三洋ビル1階。JR関内駅徒歩3分。午後4時~翌午前0時。無休(年末年始除く)。電話045(225)8877。

PR