原千晶さん、自身の子宮がん体験語る 戸塚で5日、講演会|カナロコ|神奈川新聞ニュース

原千晶さん、自身の子宮がん体験語る 戸塚で5日、講演会

原 千晶さん

 女優でタレントの原千晶さんが自身の子宮がん体験を語る講演会「がんについて考えよう」が5日、湘南医療大学(横浜市戸塚区)で開かれる。同区福祉保健課と同大の共催。

 原さんが自身の2度のがんの経験から、体験談やがん検診の大切さについて講演。同大保健医療学部看護学科准教授の小林優子さんが子宮がんの基礎知識について説明する。

 同課の担当者は「知識があまりない人でも分かりやすい内容になっている。若い人ががんについて考えるきっかけになってほしい」と参加を呼び掛けている。

 午前10時から。事前申し込みが必要。定員100人で先着順。無料。申し込みと問い合わせは同大学電話045(821)0109。

PR