鎌倉市議会決議「SDGs目標を行政運営に」クジラ死骸からプラごみ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

鎌倉市議会決議「SDGs目標を行政運営に」クジラ死骸からプラごみ

シロナガスクジラの子どもと判明した死骸=8月、由比ケ浜海岸

 鎌倉市議会9月定例会は28日、閉会した。最終日の本会議で、由比ケ浜海岸に漂着したシロナガスクジラの死骸の胃の中からプラスチックごみが見つかったことを受け、持続可能な社会を目指すSDGsの目標を行政運営に反映させる市独自の取り組み策定を求めるなど、議員提出の決議案2件を全会一致で可決した。

 会期中、市提出の計25議案のうち、24議案を可決。市民活動を推進するための条例案は継続となった。

PR