横浜:もうひと押し出ず/広島戦から|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜:もうひと押し出ず/広島戦から

ハーパーが二回に3ランを放って追い上げムードとなったが、終盤は攻め切れなかった。

4点を先制された直後の二回に、村田とスレッジが連打で無死一、二塁。続くハーパーは追い込まれてから低めの変化球をすくい上げ、高々と舞った打球は右翼席に消えた。ハーパーは「早い回に少しでも追い付きたかったので、ホームランになってよかった」と振り返った。

しかし七回以降は、もうひと押しが出なかった。七、九回に好機で凡退した村田は「次、頑張ります」と言葉少な。九回に適時二塁打を放った下園も「(七回の)チャンスで打ちたかった」と悔しさをにじませた。

◆首脳陣が配球に苦言/広島戦から

首脳陣がバッテリーの配球に苦言を呈した。

初回は、木村から初球に投じた直球を狙われ、5連打を浴びた。ベンチからは「初球来てるぞ」という声が飛んだが、細山田は「パワーピッチングでファウルを打たせたかったから」と、直球を選択。裏目に出た。

尾花監督は「二回から立ち直ったけど、もう少し早く気付かないと。こればっかりは自分で気付かないといけない」と言い、福沢バッテリーコーチは「1、2番が初球を打ちにきた時点で気付かないと」。細山田は「気付くのが遅くて手遅れになってしまった」と反省しきりだった。

【】

PR