「IWCは機能不全」と非難 商業捕鯨否決で農水副大臣|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「IWCは機能不全」と非難 商業捕鯨否決で農水副大臣

 IWC総会閉幕後に記者会見する谷合正明農水副大臣(左)=14日、ブラジル・フロリアノポリス(共同)

 【フロリアノポリス(ブラジル南部)共同】ブラジルで開かれた国際捕鯨委員会(IWC)総会は14日、商業捕鯨再開を盛り込んだ日本提案を否決して閉幕した。農林水産省の谷合正明副大臣は閉幕後の記者会見で「IWCが機能を果たせていないことを痛感した」と非難した。総会に続いて、脱退の可能性に言及した。

 日本は今回の総会で資源が豊富な一部鯨種の商業捕鯨再開を、決定手続きの要件緩和と合わせて一括で提案。機能不全打開の重要性を訴えたが、反捕鯨国が反発し、14日の採決で否決となった。

PR