ふるさと納税、見直しに賛同 横浜市長|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ふるさと納税、見直しに賛同 横浜市長

横浜市の林文子市長(資料写真)

 横浜市の林文子市長は12日の定例会見で、ふるさと納税での高額な返礼品について「行き過ぎ」との認識を示し、政府が規制する方針を打ち出したことに賛同した。

 市長は、都市部に集中する税収を地方に分配するという制度の趣旨自体は「悪いことではない」と指摘。一方で、ふるさと納税により、市の税収が2018年度に約100億円減ると見込み、「大変厳しい」と吐露した。

 野田聖子総務相の会見をテレビで見たといい、「(現状への)大臣の危惧があると思う。(各自治体は)守るべきところは守っていただきたい」と述べ、自治体間で過熱する返礼品競争に歯止めが掛かることを期待した。市の返礼品を見直す考えは今のところ、ないという。

 市はふるさと納税が始まった2008年度、制度の趣旨にのっとり、「横浜サポーターズ寄付金」を創設。17年度からは、1万円以上の寄付者全員にベイエリアの市営バス・地下鉄1日乗車券2枚を進呈。「動物園の充実」への寄付には、市内動物園の年間パスポートを用意している。

PR