薬物乱用防止へ 横浜で啓発訴えるイベント|カナロコ|神奈川新聞ニュース

薬物乱用防止へ 横浜で啓発訴えるイベント

啓発ポスターコンクール表彰式の様子

 「第7回薬物乱用防止キャンペーンin横濱」(実行委員会主催、神奈川新聞社など後援)の啓発イベントが2日、横浜市西区のクイーンズスクエア横浜で開かれ、啓発ポスターコンクールの表彰式や薬物乱用防止教室などを通じて危険性を訴えた。

 「薬物乱用防止教室」では、横浜薬科大の学生がクイズで「危険ドラッグ」による健康への悪影響について説明。子ども調剤体験コーナーのブースでは、小学生らが薬に見立てたお菓子を使って調合方法を学習したほか、本物の器具を使ったハンドクリーム作りを体験した。寺師三千彦実行委員長は「子どもたちが薬物の乱用に手を染めることがないように、地道な活動を続けていきたい」と話していた。

PR