収益の一部寄付 かわさき健康福祉芸能チャリティ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

収益の一部寄付 かわさき健康福祉芸能チャリティ

 「第19回かわさき健康福祉芸能チャリティ」が8日午前11時から、川崎市中原区のエポックなかはら(市総合福祉センター)で開かれる。NPO法人「日本伝統文化福祉振興協会」の主催で、神奈川新聞社など後援。

 東京衣裳きもの学院(同区)による振り袖の着付けショーで開幕し、華やかな花魁(おいらん)の着付けショーも行う。一般公募で集まった70人以上が歌や舞踊、詩吟などを披露する。地元川崎の安藤ゆうじさんらプロの歌手による歌謡ショーや、東京・浅草で人気の舞踊家、響一真さんも出演する。

 入場料千円。同協会の高島厚子理事長は「福祉のために少しでも役立てばと収益の一部を寄付する。華やかなショーをご覧いただきたい」と話している。チケットの申し込み・問い合わせは、同協会の津藤さん電話080(8877)2209。

PR