萌え巫女キャラで秦野まちおこし 3企業が物産フェア|カナロコ|神奈川新聞ニュース

萌え巫女キャラで秦野まちおこし 3企業が物産フェア

萌えキャラ「白笹すずな」のラベルを貼った日本酒やグッズが並ぶ店内=秦野市の秦野名産センター

他の写真を見る
 秦野市内で「萌(も)え」を生かした地域おこしに取り組む企業3社が日本酒や洋菓子などを販売する「秦野市名産品のれん会 萌えフェア」が9日まで、小田急線秦野駅前の秦野名産センターで開かれている。白笹稲荷神社(同市今泉)で神の使いとされるキツネをモチーフとした巫女(みこ)の萌えキャラ「白笹すずな」の商品やグッズなどを販売し、人気を集めている。

 洋菓子の製造販売を行う「デボンポート」(同市落合)は落花生や白と黒のチョコレートを使った「しろくろ! ガトーショコラ」を販売。同社と「川口製粉製麺」(同市水神町)は丹沢の伏流水を使った油揚げ入りの乾麺「すずな流 秦野萌そば」も出品した。

 「金井酒造店」(同市堀山下)は銘酒「白笹鼓」におみくじ風シールを付けた祈念済みの「秦野萌酒 白笹鼓 いなり」、地元出身で白笹すずなの声優を務める橋本あゆみさんの「おいしくなぁれ」などのささやき声をスピーカーから流して醸造した「秦野声酒 すずなの梅酒」を並べた。

 企画したデボンポートの鈴木弓弦さん(37)は「市内外の人に秦野に興味を持ってもらい、白笹すずなについても知ってほしい」と話している。開店時間は午前9時~午後8時。問い合わせは、デボンポート電話0463(83)7001。


PR