ひき逃げ容疑の杉山県議を不起訴 5月に高校生と接触事故|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ひき逃げ容疑の杉山県議を不起訴 5月に高校生と接触事故

記者の質問に答える杉山信雄県議=県庁(2018年5月)

 横浜地検川崎支部は4日、車で高校生の自転車と接触事故を起こし、軽傷を負わせながらそのまま立ち去ったとして、道交法違反(ひき逃げなど)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検された杉山信雄県議(61)=川崎市川崎区選出=を不起訴処分とした。同支部は、不起訴の理由を明らかにしていない。

 杉山県議は5月12日、同市中原区で乗用車を運転。信号機のない丁字路交差点を左折しようとした際、左から進行してきた男子高校生(15)の自転車と接触、転倒した高校生の足に軽傷を負わせてそのまま立ち去ったとして、7月に中原署が書類送検していた。

 杉山県議は慶応大卒で1999年4月に初当選し、現在5期目。議会運営委員長や自民党県議団長などを務めた。今回の件を受け、6月に党県議団を離団。同党県連は来春の県議選の公認を取り消していた。

PR