救急業務に理解を 相模原市、ノジマステラと連携、フェア開催|カナロコ|神奈川新聞ニュース

救急業務に理解を 相模原市、ノジマステラと連携、フェア開催

 市民に救急業務への理解を深めてもらおうと、相模原市は「救急の日」の9月9日、「さがみはら救急フェア」を相模原ギオンスタジアム(同市南区)周辺で開く。

 同スタジアムで試合をするサッカー女子プレナスなでしこリーグ1部の「ノジマステラ神奈川相模原」と連携。スタジアム内の大型ビジョンを使って心肺蘇生法について職員が解説するほか、会場周辺にブースを設けて応急手当ての方法を説明し、消防車や救急車を展示する。

 また、8日には「アリオ橋本」(同市緑区)で、16日には「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」(同)でも救急フェアを開く。応急手当ての方法を紹介するほか、消防車や救急車を展示する予定。

PR