K100文庫版「真夏の球譜 下巻」発売|カナロコ|神奈川新聞ニュース

K100文庫版「真夏の球譜 下巻」発売

真夏の球譜 下巻

 神奈川新聞の連載「K100 神奈川高校野球」の文庫版「真夏の球譜 下巻」が3日から、発売された。全国の書店で順次取り扱う。Amazon(アマゾン)など各インターネット通販でも同日から購入できます。

 下巻は「全国のライバル編」からスタート。1年生の夏の決勝で横浜と対戦し、全国に「大ちゃんフィーバー」を巻き起こした早実の荒木大輔さんや、東海大相模と死闘を演じた鹿児島実の定岡正二さん、今年史上初となる2度目の春夏甲子園連覇を果たした大阪桐蔭の西谷浩一監督、つい先日勇退を発表した智弁和歌山の高嶋仁前監督らが、神奈川の野球を語るという貴重な企画となっています。

 「伝統校・公立編」では、今夏南神奈川大会で30年ぶりに決勝進出をした鎌倉学園から巣立った往年の名選手や、神奈川大会で旋風を巻き起こした山北、桜丘、神奈川工などの伝統校の歴戦を詳述。ラストを飾る「名指導者編」では5度の全国制覇を誇る横浜の渡辺元智前監督を筆頭に、東海大相模の門馬敬治監督や、今夏旋風を巻き起こした県相模原の佐相眞澄監督らがその哲学を披歴しています。

 価格は900円(税別)。問い合わせは出版メディア部電話045(227)0850=平日午前10時~午後6時。

 好評発売中の上巻は「スーパースター×現役ヒーロー」編として、原辰徳さん(東海大相模)ら神奈川を彩った計29人の名選手を収録しています。価格は800円(税別)。

PR