大山、箱根の魅力写真に収めて 9月4日まで作品を公募|カナロコ|神奈川新聞ニュース

大山、箱根の魅力写真に収めて 9月4日まで作品を公募

 神奈川県公園協会は、県内の自然公園や都市公園の魅力を表現する「花とみどりのフォトコンテスト」(神奈川新聞社など後援)の作品を募集している。

 撮影対象地は丹沢大山国定公園や箱根・大涌谷などの自然公園と、相模原公園、秦野戸川公園、辻堂海浜公園、恩賜箱根公園など同協会が管理している県立都市公園。

 カメラ部門と、スマートフォンやタブレットで撮影したスマホ部門があり、いずれもそれぞれの公園の風景や、来訪者の利用風景、イベントなどの様子を撮って送る。各部門5点ずつ、最大で両部門計10点を応募できる。

 カメラ部門の大賞(1人)には賞金5万円など、スマホ部門の大賞には賞金2万円などが用意される。入賞作品は同協会の来年のカレンダーに掲載するほか同協会ホームページなどで紹介する。9月4日必着。11月3日に表彰式を行う。問い合わせは、同協会電話045(651)0931。

PR