防げサイバー犯罪 神奈川県警や学生ら、情報解析能力競う|カナロコ|神奈川新聞ニュース

防げサイバー犯罪 神奈川県警や学生ら、情報解析能力競う

サイバー犯罪への対処能力向上を目指して知識や技能を競った「CTF神奈川」=横浜市神奈川区の情報セキュリティ大学院大学

 サイバー犯罪への対処能力向上を目指し、県警や情報セキュリティ大学院大学などでつくる神奈川サイバー犯罪対策研究会の競技会「CTF神奈川」が20日、横浜市神奈川区の同大学院大学で開かれた。神奈川や宮城など13県警や横浜市などの自治体、自衛隊、サイバー防犯ボランティアの学生が情報解析能力などを競った。

 競技会は4回目。13県警のほか、神奈川県や横浜市、藤沢市の3自治体、慶応大、文教大、市立横浜サイエンスフロンティア高校の学生サイバー防犯ボランティア、自衛隊から計22チームが参加した。

 暗号の解読や、身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」の解析など、難易度別に得点が異なる課題に取り組み、総合点を競った。

 優勝は茨城県警チームで、同県警の白土哲也警部補(39)は「過去問を解くなど特訓したかいがあった。後継者の育成にも取り組みたい」と喜びを語った。

 女性3人で出場した神奈川県警サイバー犯罪特別捜査官の小林華枝巡査部長(28)は「難しかったが、ランサムウエアの解析など実際の捜査に役立つ問題が多かった。もっと解けるようにならないといけない」と奮起を誓った。

PR