江ノ島で自動運転バスの実証実験 江ノ電と小田急が連携|カナロコ|神奈川新聞ニュース

江ノ島で自動運転バスの実証実験 江ノ電と小田急が連携

実証実験で使用する車両のイメージ

 小田急電鉄(東京都)と江ノ島電鉄(藤沢市)は県と連携し9月6~16日の間、自動運転バスの実証実験を実施する。

 江ノ電バスの運行区間を一部延長し、江の島内に臨時のバス停「小田急ヨットクラブ」を設置。「江ノ島海岸バス停」から江の島大橋を渡り島内の同臨時バス停までの区間(約1キロメートル)を運行する。今回の実験ではドライバーが同乗し、限定条件下のみシステムが全ての運転タスクを実行する。

 同実験に合わせて今月14日から9月16日まで、ヤフー(東京都)が提供するスマートフォンアプリ「Yahoo!乗換案内」での「MaaS(Mobility as a Service)」のトライアルを実施。同サービスは、江の島周辺の駅やバス停を目的地とした移動に役立つ情報のほか、江の島周辺の飲食情報を提供している。

 サービスの内容として、14日から実験乗車の予約が可能。同アプリ内の小田急線片瀬江ノ島駅と同藤沢駅の駅情報に駅構内図を追加し、バリアフリー経路の案内も行っている。

 また、9月11~16日に自動運転バスに試乗する一般モニターを今月14日から募集。試乗無料で同アプリから先着順で約450人。

PR